ブラジルのサッカーマーケティング事情


スポンサードリンク


今年もFIFAクラブワールドッカップの時期が近づいてきました。

このFIFAクラブワールドカップはトヨタカップと呼ばれていたの
を覚えているでしょうか。

トヨタカップとは、
ヨーロッパチャンピオンズリーグの勝者と、
南米一のクラブを競うリベルタドーレス杯の勝者が
日本で世界一を争う試合です。

トヨタは、
ヨーロッパチャンピオンズリーグ、
リベルタドーレス、
FIFAクラブワールドカップ

に何十億円という投資をしているようですが、
十分元が取れているようです。

元々トヨタが
ヨーロッパのサッカーのスポンサーになったのも
アメリカでは強いトヨタが、
欧州メーカーに押され気味のヨーロッパで知名度を
上げるためにスポンサーになったわけです。

トヨタのF1参戦にしても、同じ理由で、
F1が人気のあるヨーロッパでの知名度アップを狙ってのものです。

南米でもリベルタドーレス杯の冠スポンサーとして、
トヨタの名前は広く知られています。

さて、話をブラジル国内にだけ目を向けてみると、
サッカーを使ってのマーケティングに関しては、
韓国メーカーの方が先見の明があるようです。

その代表的がLG電子。

ブラジルでおそらくもっとも人気のあるサッカーチーム、
サンパウロFCのスポンサーとなって、
ユニフォームにでかでかと書かれたLG電子は、
サッカースタジアムだけではなく、週2回の試合の放送、
ニュース、ハイライトシーンなども含めれば、
サッカーファンであれば毎日LG電子のロゴが入った、
ユニフォームを見ない日はないと言っても良いと思います。

LG電子は日本ではまだまだ1流のメーカーとしては
認識されていませんが、ブラジルに関しては
サンパウロFCのスポンサーになるぐらいだから、
良い企業(一流のメーカー)に違いないとブラジル人は
感じているようです。

実際、Carrefour(カルフール)の電化製品売り場に行けば、
LG電子のDVDプレイヤー、テレビ、冷蔵庫、エアコンなど、
どれもブラジルの国内メーカーであるCCE、Gradiatorなどよりも
高い値段がついています。

エアコンは国内メーカーがいくらかありますが、
高級エアコンに関してはLGはかなりシェアを持っています。

ブラジルに関しては、LGは高級メーカーであり、
ソニーや松下電器とのブランド力にはほとんど差がないと
言っても良いでしょう。

実際、LG電子のブラジル国内での認知度は01年の3.3%から
06年は33%へと10倍にも高まりました。

売上高も4億5000万ドルから
今年は18億ドル以上と、4倍に増えています。

LG電子は05年の7−9月期の3ヶ月間だけで、
年間スポンサー契約金の10倍以上の広告効果を得たそうです。

LG電子ブラジル法人のチョ・ジュンボン副社長は
「サンパウロチームを積極的に活用し、ブラジルはもちろん、
 中南米1位企業に躍進したい」と語っています。

そして、LG電子は昨年末、サンパウロのスポンサー契約を
08年まで延長しました。

おそらく09年以降もLG電子が契約を継続するか、
他の企業と競争になればスポンサー費用は高騰するでしょう。

特に05年は全世界で何億人という人が見ている中で、
サンパウロFCが優勝し、LG電子のロゴが画面に大きく
写しだされました。

今年もサンパウロFCはブラジル国内リーグで優勝、
リベルタドーレス杯でも準優勝と投資した分は
きっちり回収できているようです。

では、このサッカーマーケティングの世界で2番手を
行くのは、悲しいことに日本勢ではなく同じ韓国勢の、
SAMSUNG(サムスン)です。

昨年のブラジル国内リーグ優勝チームで、
サンパウロFCと同じく人気を二分するCorintians(コリンチャンス)
のスポンサーとなっています。

ちなみに日本の会社はどうかというと...

松下電器(Panasonic)がSantosFC(サントスFC)
京セラがAtletico Parananse(アトレチコ・パラネンセ)

のスポンサーとなっていますが、どちらもけして弱いチームでは
ないものの、サンパウロやコリンチャンスに比べると
やはり見劣りするし、ファンの数も

ロビーニョがレアル・マドリードに移籍する前は、
彼の人気のおかげでサントスは注目を浴びていましたが、
ここ最近はいつもどおりの人気というところです。

SONYがどこかのチームのスポンサーをしているかは、
少し記憶にありません。

思い出したら、この記事を更新します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。