ブラジルサッカーの歴史


スポンサードリンク


サッカー歴史の中で、サッカーの発祥の地はイングランドとして知られていますが、サッカー王国と言えばブラジルではないでしょうか?

では、ブラジルサッカーの歴史は、1894年にサンパウロ出身の青年で当時19才のチャールズ・ミラー(Charles Miller)が、イングランドで10年間の学生生活を終え、生まれ故郷のブラジルに2つのサッカーボールと数冊のサッカーブックを携えてサントス港に降り立った時にさかのぼります。

ミラーの父でスコットランド人のジョンは、サンパウロの鉄道技師で、祖先の国でな教育を受けさせるために、イングランドの寄宿学校に入学させました。

ミラーは学生生活の10年間でサッカーに魅せられた彼は、本場イギリスでも評価の高いフォワードとして活躍していました。帰国時のブラジルまでの長い船旅の間は、甲板の端から端までドリブルしながら、ボールさばきを練習していたほど。

当時、ブラジルでは誰もフットボールを知らないことに驚いた。フットボールを伝えたミラーが残した遺産は、今でもブラジルに残っている。


帰国後、ミラーは自分以外、誰もフットボールのルールを知らないことに驚き、サンパウロ氏の東地区、現在のプラス駅付近にブラジル最初のサッカーフィールドを作ってサッカーを普及させようとしました。

その1年後には、サンパウロで両者とも英国人から成る、鉄道会社チームとガス会社チームの間で初の試合が行われました。

その6年後の1901年には、サンパウロ州リーグが結成されています。

当初は、サッカーは金持ちの子弟のスポーツでしたが、10年もしないうちに、サッカーは都会に住む裕福な白人だけでなく、貧しい黒人の若者たちの間で、趣味として人気が出始めました。

そして1910年代までに、フットボールはブラジルで最も人気のあるスポーツとなり、リオ・デ・ジャネイロだけで、南米のどこの国よりも多い数のサッカーグランドが作られました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。