ブラジルの有名な飲み物 アルコール編


スポンサードリンク



ブラジルの有名な飲み物1 
カシャーサ(またはピンガ)Cachça ou Pinga

カシャーサはサトウキビから作られる蒸留酒でブラジル全土で好まれて飲まれています。日本を代表する飲み物が酒なら、ブラジルはカシャーサがそれに当たるぐらい、国民的な飲み物として愛されています。

そのカシャーサ(ピンガ)を使って作るカクテル「カイピリーニャ」は、カシャーサにライム(レモン)と砂糖を加えたもの。ライムの味がさわやかで飲みやすい。ちなみにカイピリーニャとは、ポルトガル語で“田舎の娘さん”という意味。


ブラジルの有名な飲み物2 ビール

ビールに関しても、苦味が薄くて女性に指示されているSKOL(スコール)や苦味BRAHAMA(ブラマ)を始めとして、大小のビールメーカーが無数に存在しています。

ブラジルは、意外にもアメリカ、ドイツに次ぐビール消費国であり、ビール大国として知られています

その他の人気ブランドとして、Bohemia、Nova Schin、Antarctica、Bavaria、Cintraなどがあります。


●関連記事
ブラジルの有名な飲み物 ノンアルコール編
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。