ブラジルの生活習慣 音について


スポンサードリンク


ブラジル人と日本人の公共心は大きく異なります。ブラジル人は少し悪い言い方をすると「自分勝手」で、車に巨大なスピーカーを取り付けて町中やビーチに大音量で音楽を鳴らします。

特にビーチなどは、それぞれが自分の聴きたい曲を聞こうとする人が集まるので、数箇所で同時に大音声の音楽が聞こえてきたりしてきて、大変迷惑です。

また、個人宅で行われるパーティーにも音楽はつき物で、大音量の音楽を近所迷惑を顧みず深夜まで続けることも珍しくありません。

特に自分が嫌いなジャンルの音楽の聞きたくない曲を延々と聞かされるのは拷問に近いものがあります。

また、大事なサッカーの試合がある時には、ゴールが決まるたびに町中で爆竹の音が鳴り響きます。

試合後は、クラクションを鳴らしながら、町に車で繰り出します。
警察も慣れているので、見てみぬふりです。

この様にブラジル人は大きな音が好きな様です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。