ブラジルの代表的な豆料理


スポンサードリンク


ブラジルの豆料理

リオとサンパウロでは、バイーア州の郷土料理であり、豆と肉を煮込んで作るフェイジョアーダ・コンプレッタが有名で、水曜日や土曜日の昼食に供される。

また、アロス・イ・フェイジャン(米と豆の料理)も良く食べられている。伝統的に使われる豆は地域ごとに違いがあり、リオでは黒豆、赤豆と白豆がサンパウロで、そしてミナスジェライスでは、黒豆か赤豆が食べられている。サンパウロの有名な料理としては、ヴィラド・エ・パウリスタが挙げられる。これは米とキャッサバ粉をまぶした豆、煮込んだキャベツ、そして豚肉の盛り合わせである。

(1)ブラジルの代表的な豆料理 フェジョン

パウリスタ(サンパウロの住民)の主食といえば、

(2)ブラジルの代表的な豆料理 フェジョアーダ

ブラジルの国民食であるフェイジョアーダ・コンプレッタ(feijoada completa) は300年以上も前から、黒豆、豚肉、それにキャッサバを用いる。アフリカから連れてきた奴隷に食べさせることのできる豚の耳や足、尻尾、それに豆にキャッサバの粉のような安価な食材を使って作られたのがその始まりである。それ以来、ブラジルの全ての地域で食べられるようになり、百種類以上の作り方がある。http://www.brazzil.com/p24nov96.htm にその中のいくつかが取り上げられている

フェジョン豆以外にも大豆を使った料理もブラジルではよく食べます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。