ブラジルの休日について


スポンサードリンク


ブラジルは他の国の人たちと同様に休日をこよなく愛します。仕事が嫌いなブラジル人は他の国の人以上に休日が

日本人が休日に決まってテーマパークや観光地にこぞって行くのに対し、ブラジル人は休日ときいたらビーチに行くことしか頭に浮かびません。

これは、海岸沿いに住んでいる人たちはもちろんですが、海岸から数百キロ、時には千キロ以上離れたところに住んでいる場合でも、車に乗ってどこかしらのビーチを目指します。

休日には、山で過ごすとか、ゆっくり自宅で過ごすなんていうのは、ブラジル人の頭の中にはこれっぽちもありません。

長期連休になったら、みんなが

「Praia, praia(ビーチ)」

と●●のひとつ覚えの様に連呼し始めます。


ところで、ブラジルの休日に関してですが、日本でも最近はハッピーマンデーといって休日を月曜日にして土日とあわせて3連休が取れる様になりましたが、ブラジルでは今でも休日が火曜日や木曜日などの週の途中にあることががよくあります。

ブラジル人は仕事が嫌いですから、大抵の場合、月曜日や金曜日などは呈の良い理由を言って仕事に行きません。

これを最初から想定してか、銀行やお役所などはemendarといって、休みでもなんでもないのに月曜日や金曜日を勝手に休みにしてしまいます。

●関連記事

特に国民
ブラジル人に
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。