ブラジルのコーヒーについて


スポンサードリンク


ブラジルと言えばコーヒーの産地として知られています。もっぱら、ブラジル人はエスプレッソのコーヒーに砂糖を大量に入れて飲む習慣があります。ブラジル産コーヒーは世界的にもその高品質が認められており、

ブラジル一の大都市であるサンパウロ市では月間四十六億杯のカフェが飲まれています。

[ブラジルコーヒーの名産地]
ブラジル国内で高品質の太鼓判が押される三大産地は「セラード」「南ミナス」「モジアナ」で、それぞれ風味の特徴を評して、「柔らかい」「酸味のある力強さ」「甘苦くしっかりしている」とされるのが一般的なようです。

[ブラジルのコーヒーの歴史]
一七二七年にスリナム経由で伝来しパラー州に植え付けられたことに始まります。

[ブラジルコーヒー 生産量]

ブラジルは言わずとしれた世界一のコーヒーの生産国です。2005年度では、ブラジルのコーヒーの生豆の生産量は、218万トンで、ブラジル一国で全世界のコーヒー生産量の3分の1をまかなっている。ちなみに第2位はベトナム、第3位はベトナムとなっている。

[ブラジル コーヒー 相場]

ブラジルは世界の3分の1の生産量を占めるだけあって、世界のコーヒーの相場はブラジルのコーヒー

[ブラジルのコーヒー豆の特徴]
ブラジルコーヒーの特徴は一口に言えばほどよい酸味と苦味、香りが高いことといえることでしょう。

ただ、ブラジルは日本の22倍以上という、我々にはちょっと想像するには難しい広大な国土で栽培されるブラジルコーヒーの特徴を一括りにするということ自体がまず出来ないことであり、不可能であるといえるのではないのでしょうか。

何某カフェのメニュー。ブラジルコーヒーの多彩な品揃えに打たれはしても、いま世間が注目する冷たいコーヒーカクテルのバラエティにはさしたる感動はない。リキュール入り、アイスクリーム入り、熱帯フルーツ入り、と十数種並べて売り物とする店も見当たるが、人の注文するものなどせいぜい二、三種に落ち着くのが常である。

ある「バリスタ」が雑誌で「一杯のコーヒーの香り、味は一杯のワインと同じくらい複雑」といっていた。これは実感として分かるような気がした。ピーナッツを焼いたような匂い、酸味は弱いが味わいに芯があって後を引く……などと説明書のあったフロレスタ社のコーヒーを飲んで、なるほどと思ったことがかつてある。

ブラジルコーヒーは欧州のワインと同じく厳しい格付けで峻別されている。混合異物の多少で七段階、粒の大きさで七段階、味の具合で六段階と、思いのほか厳密な基準がある。
 
これらを含む高品質コーヒーの数々は何某カフェの専売特許ではなくなり大手スーパーの売り場でも購入できるようになった。良いコーヒーのほとんどは輸出用、と考えられていた時代も過ぎつつあるということだろう。

サンパウロ州のコーヒー関係業界などが開催したコンクールで最終選考にまで残った五つの銘柄「ダマスコ」「ボン・ジア」「コーシュペ」「フロレスタ」「チラデンテス」あわせて三万トン―が期間限定で販売されているのも話題である。

ヴェジャ誌は書く。「ここ数年、高品質コーヒー豆の市場は年間15〜20パーセント増加しているが古くからある銘柄のそれは同1・5パーセントに過ぎない」と。

※関連記事
ブラジルの有名な飲み物 ノンアルコール編
ブラジルの有名な飲み物 アルコール編

Google



スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。