ブラジルの食生活習慣 ブラジル人は甘党


スポンサードリンク


日本人のブラジルのコーヒーを飲んだ時の最初の感想は、「濃い」とそして「甘い」だと思います。

しかし、ブラジル人の凄いところは、この甘いコーヒーを飲みながら、普通に甘いチョコレートケーキを食べたりするところです。

日本人からすれば、「それだけ、甘いケーキを食べているんだから、コーヒーの甘みなんか感じないだろう」と思いますが、お構いなしで小さいコーヒーカップに砂糖をスプーンで何倍もいれます。

ブラジルに最初に来た人は、コーヒーに限らず、ブラジルのお菓子全般が甘いと感じると思います。

また、昼食の後にかならずデザートを食べる習慣がある家庭も珍しくありません。日本の様に水道水をそのまま飲むことができないので、喉が乾いたらミネラルウォータの代わりに清涼飲料水を飲む人も多いです。

この様に、ブラジル人は肉料理がすきなのと、この砂糖の摂り過ぎにより、太りすぎの人が多いです。また、糖尿病の人もたくさんいます。

日本人で普通の人は、ブラジルでは痩せていると言われ、日本で太り気味の人は、ブラジルでは「健康的」と呼ばれると思います。

しかし、ブラジルでも健康志向、ダイエット志向は年々膨らんでいて、女性のほぼ半分、男性の3分の1が何らかのダイエットを試みているとの調査結果があります。

最近はadocanteと呼ばれる人口甘味料がダイエット食品として広く普及していて、砂糖の代わりにこちらを使う人もいます。日本でも人口甘味料の発ガン性などが話題になっていますが、あまりこちらの人は無関心の様です。

そのため、太っている人はコカコーラのライトを頼む場合が多いです。しかし、それ以上に食べる量が多いので、気休め程度です。


●関連記事

Google



スポンサードリンク




ブラジルの有名な料理の一覧


スポンサードリンク


ブラジルは様々な国からの移民によって成り立っている国のため、食文化が豊かな国です。また、国土は広いため様々な食材が手に入ります。


シュラスコ(もしくはシュハスコ)
説明するまでもないブラジルの代表的な料理です。肉の様々な部分の塊を串刺しにして、ボーイがその肉をテーブルごとに回って好みの部分の肉を食べ放題にするRodizio(ホディズィオ)が一般的。

フレイジョアーダ
肉と黒豆の煮込み料理。ライスにかけて、マンジョカの粉、ファロッファを振り掛けて食べるのが一般的。ただし、シュラスコと一緒で毎日食べる料理ではなく、何か特別なことがあった時に食べる料理である。

ムケカ
典型的なバイーア料理。ココナッツミルクとヤシ油でシーフードを煮込んだ土鍋料理。ただし、サンパウロ州では取り立て

ポレンタ
トウモロコシのピューレを短冊状に固めてフライにしたもの。フライドポテトの様なメインディッシュの付け合せてきな料理。

コシーニャ
ブラジルの代表的なファーストフード。もちっとした歯ごたえのある一種のコロッケ。中身はチキンや牛のひき肉など。ケチャップやタバスコなどをかけて食べることが多い。

ポン・ジ・ケージョ
チーズを練りこんだ生地を丸めて焼いた、もっちりとしたパン。コーヒーやカプチーノを飲みながら朝食として食べる人も多い。


●関連記事
・ブラジルの有名な食べ物

Google



スポンサードリンク




ブラジルの有名な飲み物 アルコール編


スポンサードリンク



ブラジルの有名な飲み物1 
カシャーサ(またはピンガ)Cachça ou Pinga

カシャーサはサトウキビから作られる蒸留酒でブラジル全土で好まれて飲まれています。日本を代表する飲み物が酒なら、ブラジルはカシャーサがそれに当たるぐらい、国民的な飲み物として愛されています。

そのカシャーサ(ピンガ)を使って作るカクテル「カイピリーニャ」は、カシャーサにライム(レモン)と砂糖を加えたもの。ライムの味がさわやかで飲みやすい。ちなみにカイピリーニャとは、ポルトガル語で“田舎の娘さん”という意味。


ブラジルの有名な飲み物2 ビール

ビールに関しても、苦味が薄くて女性に指示されているSKOL(スコール)や苦味BRAHAMA(ブラマ)を始めとして、大小のビールメーカーが無数に存在しています。

ブラジルは、意外にもアメリカ、ドイツに次ぐビール消費国であり、ビール大国として知られています

その他の人気ブランドとして、Bohemia、Nova Schin、Antarctica、Bavaria、Cintraなどがあります。


●関連記事
ブラジルの有名な飲み物 ノンアルコール編

Google



スポンサードリンク




ブラジルの有名な飲み物 ノンアルコール編


スポンサードリンク


ブラジルには、日本人が普段飲まない飲み物がいくつかあります。

その中でも有名な物をいくつか紹介したいと思います。今回は、ソフトドリンク、ノンアルコールの飲み物だけを紹介したいと思います。

(1)ガラナ Guarana

その中でも有名な飲み物と言えば、ガラナを利用した炭酸飲料が挙げられると思います。

サッカーブラジル代表の公式スポンサー飲料となっている炭酸飲料Guarana Antartica(ガラナ・アンタルチカ)が有名ですが、コカコーラ社から発売されているKUAT(クアッチ)というブランドもあります。
guarana antarctica.jpgkuatlight.gif


コップにオレンジを輪切りにしたものを入れて、ガラナを飲むのも粋な飲み方です。

(2)ココナッツジュース(Agua de coco)



ブラジルに限った飲み物というわけではありませんが、ココナッツの実の中から取り出された果汁です。 無脂肪、低カロリーの上、カリウムが豊富なため、病人のための飲み物としても知られています。道端でココナッツの実をそのまま売っている物もありますし、パックジュースとして工業製品化されたタイプもあります。

(3)サトウキビジュース(Caldo de cana (guarapa ou garapa))

サトウキビを機械を使って搾り出したジュース。ほんのり黒く、とても甘い。


(4)マテ茶

ブラジルの有名な飲み物といえばマテ茶が挙げられると思います。地域によって冷たくして飲むところ、熱くして飲むところがあります。

まず、冷マテ茶は、テレレ(Terere)と呼ばれて、主にマットグロッソ、南マットグロッソ州などの熱い地域で飲まれています。日本の夏場の麦茶の様に水の代わりに一日中飲みます。

また、ブラジルの南部(リオグランデドスル州、サンタカタリーナ州、パラナ州)では、熱いお湯
ボンバと呼ばれる独特の容器を使って、友達と話しながら廻し飲みする習慣があります。

また、これ以外に紅茶の様にマテ茶を発酵させた物もブラジルでは好んで飲まれていますが、

(5)コーヒー

ブラジルの飲み物で有名な飲み物と言えば、なんといってもコーヒーではないでしょうか?ブラジルの場合は、エスプレッソに砂糖を大量に入れて甘くして飲みます。一度、これに慣れてしまうと日本のコーヒーは飲めなくなります。


●関連記事
・ブラジルの有名な飲み物 アルコール編

Google



スポンサードリンク




ブラジルの主な食べ物は


スポンサードリンク


ブラジルといえば、豪快なバーベーキュー料理のシュラスコが有名ですが、日本で言えば寿司や刺身の様に、週末や誕生日などの特別な機会で食べることが多い食べ物です。

では、ブラジル人が普段毎日口にしている主な食べ物は何かを簡単に説明します。

まず、ブラジルの主な食事は昼食となります。地方都市や田舎では、今でも昼食に2時間を取る人もいます。夕食は、パンにチーズやハムを挟んだだけのサンドイッチなどで済ませる人も結構います。

(1)米(arroz)

ブラジル人もパンやスパゲッティなども主な食べ物としていますが、ブラジルの昼食の

(2)フェジョン豆(feija~o)

米と並びブラジルの主な料理として欠かせないのは、ブラジル特産の黒い豆で、これを圧力鍋で料理してスープ状にしてご飯の上にかけます。鍋には、にんにく、塩、お好みに合わせてベーコンなどを入れて味付けします。

同じフェジョン豆を使った、ブラジルの代表的な料理のフェジョアーダとは同じではありません。

日本で言えば、味噌汁の様に食卓には欠かせない料理です。

(3)ファロッファ
マンジョーカ芋の粉です。ご飯、フェジョンと混ぜて食べます。

(4)サラダ
レタス、トマト、玉ねぎをベースとして、オリーブ油、ビネガー、塩、レモンなどで味付けをします。

(5)肉
ブラジルは、世界の中でも個人当たりの肉の消費量が多い国です。それもそのはず、ブラジルの国土は膨大なので、牛、豚、鶏全ての肉が安い値段で手に入ります。昼食のメインディッシュは当然のことながら肉類になります。肉はブラジル人の主な食べ物から欠かすことができません。

(4)マンジョカ
ブラジルでは、じゃがいももたくさん食べますが、それと同じぐらいマンジョカという名前の芋も食べます。
ポレンタという、マンジョカのピューレを上げた料理もあります。

※ここでの主な食べ物をサンパウロ州を例にしていますので、ブラジル人家庭全てが食べているというわけではありません。


●関連情報
ブラジルの有名な食べ物

Google



スポンサードリンク




ブラジルの有名な食べ物


スポンサードリンク


ブラジルで有名な食べ物と言えば、思い当たるものがいくつかあります。

今ブラジルでもっとも熱い食べ物と言えば、アマゾン原産のアサイーではないでしょうか?

アサイーという食べ物を知らない人のために、簡単に説明するとアサイーとはブラジル原産のヤシ科の希少価値の高いアマゾンフルーツです。

エネルギー、栄養価の高さが注目されており、特に抗酸化作用があるといわれるポリフェノールが赤ワインの約30倍含まれています。

また、食べ物ではありませんが、ブラジル原産の有名な物といえば、プロポリスがあります。プロポリスという食べ物を知らない人のために、プロポリスはどんな食べ物か説明すると、ミツバチが自然の法則に従って、植物や樹木の新芽や樹皮のキズの部分から出てくる樹液を集め、それを自らの唾液で混ぜ合わせて作るヤニ状の粘着性の高い固形物で天然薬理物質の宝庫、天然抗生物質です。

ブラジルではスプレー状のものが販売されており、日本にも健康食品として輸出されています。

Google



スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。